衛生の破片が落下、人に当たる確率は3200分の1

現在、地球上には約3000個以上の人工衛星があると言われています。その中にはすでに人工衛星としての役割を終えたものもあります。そんな人工衛星(の破片)が地球上に落ちてくるかも知れません。
詳細は以下から。

衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1 - asahi.com

1991年に打ち上げられた大気観測衛星「UARS」は、2005年に運用を終えており、現在は高度約250キロ付近を漂っていますが、徐々に高度が下がってきており、9月下旬から10月上旬に大気圏に突入するようです。

人工衛星本体は大気圏突入時にほとんど燃え尽きてしまうようですが、バラバラになった26個の金属破片が800キロ四方の広い範囲に落下するようです。破片が落ちるのは赤道を挟んだ北緯57度~南緯57度の間で、日本を含む世界の広い範囲が対象地域になるようです。

この破片の一つが世界のだれかに当たる確率は3200分の1ということであり、「自分に当たる確率」は21兆分の1となるようです。

まず当たることはないと思いますが、「自分に当たる確率」が世界の誰かに当たる確率になる可能性も否定できないような気がするのですが、どうなんでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です