骨髄異形成症候群の原因となる遺伝子が発見されました

血液のがんといってもその種類はいろいろありますが、そのなかでも難治性血液がんの一種「骨髄異形成症候群」の原因となる遺伝子が発見されました。
詳細は以下から。
 

血液がんの原因遺伝子発見=骨髄異形成症候群、薬開発に期待-東大など - 時事ドットコム 


これによりますと、血液をつくり出す細胞に異常が起きる難治性血液がんの一種「骨髄異形成症候群」の原因となる遺伝子を、東京大医学部付属病院の小川誠司特任准教授らの国際共同研究チームが発見したそうです。現在、根本的な治療法は骨髄移植のみですが、今回の遺伝子の発見が治療薬の開発につながる可能性があるそうです。
研究チームは患者29人の遺伝情報を詳細に解析し、細胞が遺伝情報をコピーする際に、必要な部分だけを選び出す「スプライシング」に関わる複数の遺伝子に、高い確率で変異が生じていることが分かったとしています。
さらに患者316人と、他の血液がん患者266人を比較。、これらの遺伝子に変異がある割合は、骨髄異形成症候群で最大85%だったのに対し、他は数%以下だったとのことです。変異させた遺伝子をマウスの細胞に導入し、血液をつくる能力が低下することも確認されたようです。
 


がんは細胞が変化を起こして発症するものだけに、なかなか原因を特定するのが難しい物があります。今回のような、がんの原因遺伝子が発見されて治療薬が開発されれば、多くの人が助かることでしょう。できるだけ早く治療薬が開発されることを願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です